DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-


DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-

一人はDJとして一人は俳優として活躍するかたわら、本業は電気グルーヴという日本はもちろん海外でも評価され影響を与え続けている特殊なグループ「電気グルーヴ」。

石野卓球とテクノのグルーヴ

石野卓球氏は人生の頃からテクノ系の機材を使った機械的でコミカルな音作りやリリックが得意でコアなファンから支持されていた。電気グルーヴのリリックは毒味があってもウソは無い本音を感じるところが痛快だ。電気グルーヴになってからは音作りが格段におしゃれになった印象がある。事実本当に作品としてすごかった。

テクノの面白さ 無能の人〜N.O.

同じ曲なのに別のアレンジで何度も何度も楽しませてくれる。この感覚はバンドというよりDJの感覚だ。一つの曲に対して幾つもの違うアレンジを出してくる「REMIX」というのは、昔はなかったけど今では当たり前になっている。でもインディーズで出した「無能の人」の音が機材の音そのまんまな感じがしてすごくいい。機械っぽいし電気っぽい。

電気ビリビリ

このアルバムでまさに電気グルーヴにビリビリしたわけだけど、メジャーデビューしてShangri-Laでまた別の意味でシビれた。やっぱり電気グルーヴの音ってかっこいいんだなって思った。

その後出たアルバムで特に好きなのは「J-POP」

マニアックさの中にポップさがある。重低音と毒々しいシンセ音の使い方が秀逸!

ピエール瀧と日本映画

私の好きな映画などによくピエール瀧氏が出ていたので、作品のちょい役で出ている時からピエール瀧氏のエングを見ることができた。中野裕之監督の作品で役者として見かけるようになり、いつの間にか映画界でバイプレイヤーとして引っ張りだこ状態になった。事実、ピエール瀧氏の演技は多くの人に評価された。とても不思議なことだけどピエール瀧氏の演技は本当に人を感動させる。

DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-

私は電気グルーヴの前身「人生」の頃からフロントマン石野卓球さんの存在を知っている。人生も好きでよく聴いていた。独特の音作りと世界観を持った彼らはいつの時代も突出した存在だった。

DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-」この作品はいつもふざけてばっかりの電気グルーヴの印象を払拭してしまう恐れがある内容だった。彼らはトントン拍子で成功していったイメージがあったけど決してそうではなかった。そういうのも含めて「やっぱりかっこいい!」と思った。

私は再び電気ビリビリしてしまったのだ!