プリンスの入手困難だったアルバムが急遽デジタル / ストリーミングでリリース


Anthology: 1995-2010 [Explicit]

プリンス『アンソロジー:1995-2010』が国内初デジタル化

プリンスの1995年以降の入手困難なアルバム23タイトル他『Anthology: 1995-2010』が国内初デジタル化された。音源はSpotify、Apple Musicで聴くことができます。

プリンスの音源の管理が米ソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のレガシー・レコーディングス(Legacy Recordings)とプリンス財団(The Estate Of Prince Rogers Nelson)との間で独占契約され、順次復刻アルバムのリリースの予定とのこと。ファンも待ち遠しい中、突然のデジタル音源リリースにファンの間でも話題になっている。

プリンスの入手困難なアルバムが急遽リリース

https://twitter.com/INTSonyMusicJP/status/1030117558274351104

私も早速Apple Musicのプレイリストを確認してみると・・・

プリンスの入手困難だったレア盤も含めて全てのアルバムが出て来ました。

NPGMCのみでリリースされていたアルバムもあり、買い逃していたファンにとっては歓喜の出来事。商業ベースから離れた自由なプリンスの音楽を堪能できる。

プリンスは音楽理論などを長々と語る人ではなく、常に音として表現してきた。プリンスが残した音楽こそが彼自身であり、その音楽から溢れる彼のミステリアスな人間性も感じることができる。

 

C-NoteというアルバムはNPGMCで配信されたコンサートのリハーサル音源で、2002年のOne Nite Alone Tourで日本で演奏された曲が3曲ある。日本のファンとしては嬉しい音源だ。その場に居合わせた人もたくさんいるでしょう。私もその一人です。

  • Nagoya
  • Osaka
  • Tokyo

Prince Anthology: 1995-2010

#princeanthology #prince #purplelife

shinjiさん(@snj.arts)がシェアした投稿 –

アルバム23タイトルと同時にPrince Anthology: 1995-2010というプレイリストがリリースされた。

年代もアルバムもバラバラな選曲なのに、一度聴き始めるとどっぷりとプリンスの世界にハマり込むことができる。一曲ごとに世界が違うのになぜか統一感がある。

 

1995年にリリースされたThe Gold Experience以降、ワーナーからリリースする予定だったアルバムを怒涛のようにリリースして契約を終わらせ、それ以降はアルバムごとに発売するレコード会社と契約してリリースする形態をとっていた。そのためアルバムによっては激レア盤となり価格が高騰してしまいファン泣かせであった。

PS:今回リリースされた「The Gold Experience」に名曲「The Most Beautiful Girl In The World」の音源が上がってない。 権利問題かな?

Prince ピアノ&ア・マイクロフォン 1983

1983年にレコーディングされたプリンスのピアノの弾き語り音源が間も無くリリースされる。


SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。