唯一穏やかでいられる時間は1人でいる時さ(プリンス)

「唯一穏やかでいられる時間は1人でいる時さ」プリンス1995年インタビュー

私はこの文章を読んだとき深く同意した。まさにその通り。これはプリンスの1995年のインタビューの一部です。

―いつもリラックスしていますか?

「いや」

―リラックスできたらいいのにと思う?

「そうだね」

―どんな風にリラックスしようと心がけますか?

すると突然、プリンスを飾っていたものが消え去った。常時無敵のスーパースターの雰囲気がなくなった。彼は声を低くして、ソファにまっすぐ座り、床を見て、突如不確かになった。

「唯一穏やかでいられる時間は1人でいる時さ。そして、それが実現するのは唯一、神といる時だ。僕は時々そうする。幸せじゃないような時にね。神は僕がやっていること、すなわち僕自身の音楽をやり続けるように言うんだ。僕はいつもハッピーさ。悲しくなんてならない。スローダウンすることもない。常に音楽で忙しいんだ」

nme-jp.com

「一人の時が一番リラックスする」ってものすごく共感した。

リラックスしている時って、誰かと一緒にいるときじゃない。

ひとりで何か考えたり、何かを作っている時、すごくリラックスしている。それで寂しいなんてあまり思わない。ひとりがいい(笑)

当時のプリンスのインタビューはこんなスタイルだった。

  • 録音NG
  • メモNG
  • 「君は友達と話をするのに録音したりメモしたりするのかい?」
  • 「普通に話して覚えてることを書けばいい」
  • 「大切なことは覚えているもんだろう?」

こんな感じだったと思う。

確かにプリンスの言う通りだけど、記事にしなきゃならない記者は大変だっただろうな。

nme-jp.com

1995年ワーナーとアルバムリリースについてゴタゴタやってたときのインタビューだ。ファンならご存知だがこの時期、プリンスは約1年ぐらいの間に『COME』『ブラック・アルバム』『ゴールド・エクスペリエンス』『エクソダス』『ガール6』『カオス・アンド・ディスオーダー』、プリンス名義ではないものも含めて6枚のアルバムがリリースされた。本当に火山噴火の勢いでプリンスの曲が立て続けにリリースされた。

こんなニュースも。

プリンスのバンドであるザ・レヴォリューション、再結成することを発表

nme-jp.com

個人的に思うこと 

プリンスが子供を授からなかったのは、涅槃だからなのかな。子供がいればファンはその子に期待するだろうし、潔いというか、クリアだな。彼の音に惚れ込んだ人、みんながPURPLE KIDSだ。プリンスの音楽を好きな人がプリンスの子供達なんだよ。

ABOUTこの記事をかいた人

よあけ

ネットだけで生計をたたています。食べることや旅が好きです。インドア活動も好きです。なによりインターネットが好きです。
デザイナーを辞めて自分でメディア運営を始めて数年で自由な生活が手に入りました。
WEBメディア運営 / クリエイター(音楽・イラスト・書) 資格:ネットショップ実務士レベル1・基礎心理カウンセラー
人生が楽になるネットの使い方
>> 詳しいプロフィール