小沢健二さんが『Tokyo, Music & Us 2017-2018』で使っているピンクのギターは?


小沢健二さんが『Tokyo, Music & Us 2017-2018』で使っているピンクのギターは?

『Tokyo, Music & Us 2017-2018』第3弾 ゲスト 三浦大知さん Apple Music 

東京のどこかで小沢健二さんがゲストを迎えてトークと演奏を披露する『Tokyo, Music & Us 2017-2018』いつも楽しみにしています。今回のコラボも非常に良かった!

小沢さんのトークって文系なのに理系って感じの先生感があっておもしろい。ハロウィンの話やネットに群がる視野の狭い人たちの話もおもしろかった。ネットにばっかり向き合ってると自分の世界が広がらないというね。

小沢健二さんが『Tokyo, Music & Us 2017-2018』で使っているピンクのギターは Squier Mini Stratかな?

映像を観ていてびっくりしたのが、「あれ?これ安いギターだぞ!」っていうこと。小沢さんのことだからあえて安いギターを使ったんだと思う。音楽を身近に感じて欲しいんじゃないかと、色もピンクでかわいいし、フィジカルの話にもつながってくるなと。

小沢さんが持っていたのは『SquierのMini Strat』というモデルのようです。映像に映っているギターのヘッドにメーカー名が書いてあります。(小沢さんのギターのヘッドに「MINI」という文字が見えないのでもしかしたら少し型が違うのかも)

Squier (スクワイヤ)はフェンダー直系の廉価版モデル。だからギター自体の作りはいいのでビギナーが安心して購入できるギターです。

3万円台のギターと1万円台のギターが発売されていて、違いはギターの材質に違いがあるだけです。小沢さんがどっちのギターを使っているかまではわかりませんでしたが、雰囲気を楽しむなら安い方で十分だと思います。

このクラスのギターの音の特徴は、良くも悪くもおもちゃみたいな軽いシャカシャカした音がします。今回のコラボでもリズムマシン(iPhoneアプリのFUNK BOX)と中村きたろうさんが演奏するmoogのシンセベースとこの軽いギターの音がいい雰囲気を出しています。楽器編成がこれだけっていうのもすごい。自宅の部屋に集まってセッションしているような感じですが、ファンから観ると贅沢すぎるセッションです。

 

Squier by Fender スクワイア エレキギター Mini Strat®, Pink

  • ネック材の種類 メープル(カエデ)材
  • 表地素材 ハードウッド材

 

 

Squier by Fender エレキギター Mini Strat®, Laurel Fingerboard, Pink

  • ネック材の種類 メープル(カエデ)材
  • 表地素材 バスウッド材

 

SELDER セルダー エレキギター ストラトキャスタータイプ ST-16/PPS

ちょうど同クラスのエレキギターを購入したところなので、こちらの音も聴いてください。参考になると思います。

 

View this post on Instagram

 

5980円の音w #iwanabeyourlover #prince #purple #guitar #instagood #instamusic

shinjiさん(@snj.arts)がシェアした投稿 –


このギター、作りが安いけど音はそれなりに楽しめます。チューニングのピッチがあまいのか、すぐにチューニングが狂う気がします。遊びで使うには十分です。

 

SELDER セルダー エレキギター ストラトキャスタータイプ ST-16/PPS 初心者入門ベーシックセット


SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。