有頂天『カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ』レビュー


 

有頂天『カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ』レビュー

有頂天が久しぶりにニューアルバムをリリースしました。

有頂天27年ぶりのフルアルバム『カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ』

2枚組だけど2枚合わせてもトータル58分というコンパクトさ。この不条理さ、贅沢さにビックリする。いまやA面B面という概念がないので、2枚に分けることで別世界を見せるのは面白い。KERAの今までの音楽キャリアが全部詰まっているけど、アウトプットはまぎれもなく有頂天。

カフカズ・ロックは初期の有頂天を思わせる。どこかグシャッとしたトンがったかっこよさ。ニーチェズ・ポップは東芝時代を思わせるポップさ。

唐突に勢いよく始まるラッキーさん 顔がにやける。カフカズ・ディック カフカのおてぃんこという意味ですね。ぶははは。この曲が恐ろしくかっこいい!!ファンキーで今までの有頂天になかったタイプの曲。

かっこいいカフカズ・ロックを聴いた後、幽霊たち からはじまるポップサイド。ピコピコとポップなテクノ音がちりばめられた曲の中、

明日も歌ってんくんだ僕は 明日も悩んでくんだ僕は

明日もつまずくんだ僕は 明日も明後日も

明日も生きてくんだ僕は 明日も歩いてくんだ僕は

明日も歌ってくんだ僕は 明日も明後日も

突然のストレートなメッセージに、心をわしずかみされた。しばし呆然としてしまった。そして繰り返し繰り返し聴いてしまう。胸キュンテクノポップだ。たまらない!

〈カフカズ・ロック〉-DISC 1
1. ラッキーさん
2. カフカズ・ディック
ゲスト:bobo(コンガ)、ハラナツコ(アルトサックス)
3. 城
4. 知恵の輪プレゼント*(Out Of Orderのカバー)
5. 100年
6. 墓石と黴菌
7. 世界
8. 知恵の輪ブレイクアウト
9. monkey’s report(ある学会報告)

〈ニーチェズ・ポップ〉-DISC 2
1. 幽霊たち
2. 懐かしさの行方
3. ロコモーション*
4. Not Departure
5. 箱(永劫回帰)
6. コレカラノヒト
7. ニーチェズ・ムーン

*カヴァー曲
全曲プロデュース・作曲・編曲・演奏:有頂天
全曲作詞:KERA
*カヴァー曲除く

有頂天/monkey’s report(ある学会報告)

新譜発売関連Twitterまとめ

ポニーキャニオン時代の有頂天BOX

DVDもいいし、全部音質が良くなってます。

特にDVDでは怒涛のようなメジャー時代を感じることができます。

ファン、マストアイテム。