海外旅行|パスポート申請・更新に必要なもの


    海外旅行|パスポート申請・更新に必要なもの

    パスポートは5年に1回か、10年に一回のみの更新なので、手続きなどは忘れてしまいますね。確認のために手順などをまとめておきます。

    パスポート申請に必要な書類

    パスポート

    1. 一般旅券発給申請書 1通
      パスポート申請書(ダウンロード)
    2. 戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通(申請日前6カ月以内)
    3. 住民票の写し 1通(住民基本台帳ネットワークシステムを利用することにより、原則不要)
    4. 写真 1 枚(縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なし)
    5. 身分証明書(運転免許証など)

    住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請

    パスポート申請書(ダウンロード)は、あらかじめ自宅で申請書を記入したい人向けのサービスです。電子的な申請を行うものではありません。

    申請時にはお金は必要ありません。

     

    パスポート更新に必要な書類

    • パスポート更新に必要なものは、ほとんどの人はパスポート写真だけ
    • 写真はセルフのスピード写真でOK
    • 戸籍謄本 or 戸籍抄本(パスポートの場合どちらでもOK)

    結婚したり本籍地に変更があれば戸籍謄本が必要

    私が再申請するとき、戸籍謄本を持って行かずパスポート窓口に行ったのですが、ないとダメ!ということで、市役所に取りに行きました。

     

    パスポート申請に必要な費用

    今後、海外旅行に頻繁に行く人は10年間有効のパスポートがおすすめです。

    • 10年間有効(20歳以上) 2,000円(都道府県収入証紙)+14,000円(収入印紙)=16,000円
    • 5年間有効(12歳以上) 2,000円(都道府県収入証紙)+9,000円(収入印紙)=11,000円
    • 5年間有効(12歳未満) 2,000円(都道府県収入証紙)+4,000円(収入印紙)=6,000円

    パスポート申請時にはお金は必要ありません。

    申請から1週間後、パスポート受け取り日に収入印紙を購入し、受け取ることができます。

    パスポートは本人しか受け取ることができません。

     

    パスポート申請から受取までに必要な期間

    • 約1週間

    申請から受け取りまでに6日必要(土曜日・日曜日・祝休日・年末年始を除く)

    市の窓口をご利用される場合は、10日かかる(土曜日・日曜日・祝休日・年末年始を除く)

     

    出発ギリギリにパスポートの期限が切れているのに気がついても遅いです。

    チケットを取る前には必ずパスポートの有効期限を確認しましょう。

     

    パスポート 受け取り当日

    パスポート

    まず、必要金額分の証紙と収入印紙を購入します。

    りんくうタウン分室の場合は、隣に証明写真撮影ができるところと、証紙・収入印紙の販売窓口があります。

    そこで金額分を購入。

     

    そのまま、パスポート受け取り窓口に行きます。

    生年月日や名前などを確認された後、本人の顔の確認もされます。帽子をかぶっていたり、メガネをかけている場合は取ります。

    パスポートにはICチップが埋め込まれており、ここにも個人情報が埋め込まれています。モニターで本人がデータ内容を確認します。

    パスポート

    間違いなければこれでパスポートを受け取ることができます。

    パスポート

    更新は5年に一度、10年に一度なので、戸惑うこともあるかもしれませんが、基本的には簡単です。

     

    パスポート取得は5年と10年どちらがお得?

    パスポートは5年更新と、10年更新のものがあります。

    海外にとりあえず1度しか行かないという人なら、5年更新のものを取得し11,000円で済ませばOK。

    今後も頻繁に海外へ行きたい人は、迷わず10年更新のパスポートを取りましょう。差額はたった5,000円の16,000円で10年更新のパスポートを取得することができます。

     

    海外旅行中にパスポートを紛失したら・・・?

    なるべくならこういう事態にならないようにしたいですが、パスポートを紛失することも少なくありません。

    再発行するためには、写真2枚、パスポート番号、発行年月日、発行地などが必要だ。

    あらかじめ予備の写真を日本から持って行き、パスポートのコピーも取っておきましょう。

    1. 現地の警察で紛失証明書を発行してもらう
    2. 日本大使館で紛失届け
    3. 新規パスポートの発行 or 渡航書の作成をしてもらう

     

     

    パスポートセンターりんくうタウン分室

    パスポートセンターりんくうタウン分室

    受付窓口
    • パスポート申請 平日(月〜金曜) 午前9:15〜午後4:30まで
    • パスポート受取り 平日(月〜金曜) 午前9:15〜午後6:30まで

    申請と受取りで窓口が空いている時間が違うので、事前に各都道府県の窓口の時間を確認してください。

     

     

    英語が少しでも自分で話せたらいいなと思っている人は、この本は必読です。

    なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?
    「EQ英会話」は、こんな人におすすめ
    1. これから英語を学び直したい人
    2. 英文法は理解しているけど英会話に自信がない
    3. TOEICの点数はいいけどネイティブに英語が通じない
    こんな人は、この本がスッキリ解決してくれます。  本2冊とDVD1枚が無料でもらえます。(別途送料負担)送料は必要ですが、本とDVDの内容を考えるとかなりお得です。
      「EQ英会話」DVDブック 著者:本城 武則 を無料でもらう

    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。