海外旅行にお金をいくら持っていけばいいのか?海外旅行で安全な両替・現金の引き出し方


海外旅行にお金をいくら持っていけばいいのか?

海外旅行に行く際に心配なのがお金の取り扱いですよね。
現金はいくら持っていけばいいのか?

現地でのお金の両替方法は?
引き出し方法は?
海外のATMは安全なのか?
現金をたくさん持っていて落としたりスられたりしないのか?

心配しだすときりがありませんが、海外に数回行くと慣れちゃいますのでご安心を!

海外旅行にお金をいくら持っていけばいいのか?海外旅行で安全な両替・現金の引き出し方

関空から釜山〜セブ島を旅行するので2種類の通貨が必要でした。

関空の外貨両替所で両替しました。

面倒な手続きが必要なくもちろん日本語も通じるので、相談しながら両替することができました。

釜山では食事を楽しむだけなので約3,000円分の30,000ウォン、
セブ島で使う現地通貨を約19,000円分8,200ペソ両替しました。

釜山空港で食事を楽しんでセブ島へ向かい、
セブ島では空港を降りて現地SIMを買ったりすぎにタクシーに乗ったりとスムーズに行動できました。

めっちゃ楽チン!

セブ島では、普段はクレジットカード払いは基本使えないと思っておいてください。現金支払いが中心です。スーパーやドラッグストアでも「小銭はないか?」と、不要なお釣りが出ないようによく聞かれました。ローカルなマーケットではもちろん現金支払いですし、できるだけお釣りが出ないように、少額のお札や硬貨を用意しておく必要があります。

  • ジプニー 7ペソ
  • バイクタクシー 20ペソ〜
  • ローカルフード 50ペソ〜(あくまで目安)

ホテルやいいレストランではキャッシュカードの使用が可能です。

【お金】タイでの日本円の引出し|海外の両替

海外旅行で安全な両替・現金の引き出し方

日本でとりあえずの外貨の両替をしたら、海外ではデビットカードを使ったATMからの引き出しがオススメです!

両替は両替手数料がかかりますが、ATMからの引き出しに楽天銀行カードを使えば出勤手数料がかからないからです。手数料がかかるATMもありますが、両替手数料よりは安い場合がほとんどでした。

VISAやJCBのデビットカードを持っていれば、自分の銀行口座の感覚で現地通貨をATMから引き出すことができます。普通のクレジットカードならキャッシングになってしまいますが、デビットカードの場合は口座に入っている分だけしか引き落とせないので、借金という感覚はゼロですし浪費しなくて安心です。

そして万が一デビットカードを落としたり盗難されたりしても、最悪被害は口座に入っているお金のみとなります。普通のクレジットカードの場合は、数十万円もの被害になる場合もあります。いずれにせよ紛失したらすぐにカードの停止をしてください。

だから海外旅行にはデビットカードがオススメです。

ATMは空港や街の中にもたくさんあるので、海外での現地通貨引き出しに困ることはありません。

私はVISAやJCBのデビットカードを4枚以上持って使い分けています。

楽天銀行カードならほとんどのATMで出勤手数料不要で現地通貨を引き出せました。

現金を引き出した時に出てくるレシートは必ず無くさずに保管しておきましょう。

ちなみに海外のATMで現金を引き出すのはちょっとだけ緊張しますが、慣れれば日本と同じです。現金をあまり見せびらかさず素早く財布にしまいましょう。常々現金の取り扱いには気をつけましょう。
銀行系のATMには日中はセキュリティースタッフがいて安心です。でもこのセキュリティースタッフがまた怖そうなんだ(笑)

  • 海外に持って行く現金は3万円ぐらいでOK(個人差あり)
  • 海外での現金調達は楽天銀行のデビットカードがお得
  • 買い物もデビットカードを数枚使い分けるのがおすすめ
  • 旅行傷害保険付帯のデビットカードもあるよ

 

海外旅行でも使えるカード

簡単に発行できる楽天のデビットカードも海外で使えます。
出金手数料が無料の場合がほとんど。

楽天銀行 カンタン申込

比較的審査が通りやすい楽天カードは初心者におすすめ

楽天カード

カードで支払いをすれば知らないうちにどんどんポイントがたまるし、
またそれでお買い物ができます。

楽天カードは審査も超通りやすいので、新入社員や転職したての人でも安心です。

オススメポイント

  • 年会費永年無料
  • 楽天市場でのお買い物でポイントが2倍貯まる
  • 新規入会で2000〜5000ポイントもらえる
  • ETCカード利用でもポイントが貯まる(年会費・540円)

楽天カード

安心の銀行系カードもおすすめ

三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!

 

海外旅行・留学に使えるおすすめのクレカとデビットカード


SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。