マグロ初競り マグロ1匹が3億円事件


マグロ初競り マグロ1匹が3億円

大間マグロ、最高値の3億3千万円…豊洲初競り 

東京・豊洲市場(江東区)で5日朝、昨年10月の開場後初めてとなる「初競り」が行われ、278キロの青森県大間産本マグロが、記録の残る1999年以降で最高値となる3億3360万円(1キロ当たり120万円)で競り落とされた。

278キロのクロマグロ3億円、1キロあたり約120万円。

マグロ初競り 1匹3億円のマグロ 誰が釣ったのか?誰が買ったのか?

278キロのクロマグロを釣ったのは、青森県大間町の漁師藤枝亮一さん(64)

 

View this post on Instagram

 

新年初投稿はこちら! まるまる横に太った大きなマグロ! 3億3360万円という値がつきました✨ まず、初競りに大間のマグロが選ばれただけでも嬉しいことなのに更に史上最高値が付き、大間町民として本当に誇らしいです! そしてそれが、友達のお父さんが釣ったマグロだったこともあり尚更嬉しいです😭 漁獲規制が始まり、それに不漁も重なり大間の漁師さん達も不安な年でしたが、それを吹き飛ばしてくれそうな値です! 商売をやってる私たちも励みになります! これで益々大間マグロの認知度が上がると思いますが、その裏には漁師さん達のとてつもない苦労、伝統漁法を守りながら行われている冬の海での厳しいマグロ漁があるということをもっとたくさんの人達に知って欲しいです! 新年良いスタートが切れました! 今年も一年マグロのように泳ぎ続けます🐟 ※写真はその友達から許可を貰い頂いたものです。 勝手に転用等はしないで下さい。 #初競り#豊洲市場 #一本釣り漁船第28光明丸 #278キロ #3億3360万円 #すしざんまい #大間のマグロ #大間 #本州最北端大間崎

大間観光土産センターさん(@omacojp)がシェアした投稿 –


買ったのは、すしチェーン「すしざんまい」を運営する会社「喜代村」社長、木村 清さん。

大阪は中座くいだおれビル1Fに「すしざんまい」さんがあります。このニュースを見て「食べに行きたいなぁ」と思ったので、3億円でテレビCMを買ったようなものだから、安いものなのかなと思いました。こういうのもマーケティングですよね。

 

写真は最近食べたお寿司。お持ち帰り用のお寿司ですが、これもまぁまぁ美味しいです。

冷凍数の子も買ってみました。一箱1000円

味は付いているので解凍すればすぐに食べることができました。かつおぶしをかけていただきました。おいしい!!日本酒によく合います!