Peachピーチでソウル 関空から仁川空港に行ってみた「吸ったらあかん」関空第2ターミナル国際線搭乗口

Peachピーチでソウル 関空から仁川空港に行ってみた

Peachピーチがよくセールをやっているので、そのタイミングでチケットを予約して往復で15,000円ほどで旅行してきました。

新幹線で大阪から東京に行く片道料金とほぼ変わらないし、飛行機に乗っている時間はたった2時間ほどです。

shinji

ホテルも日本よりも広くて安いところが多くて旅のクオリティーは上がります。

国内旅行するよりもお得感があります。

 

関空第2ターミナル Peachピーチ国際線搭乗口

関空駅を降りてエアロプラザ方面に第2ターミナルビル行きのバス(無料)が出ています。

第2ターミナルに着いてバスを降りると正面が国内線、右手側が国際線です。

Peach航空 はじめてPeach ピーチ航空を予約・利用する方法 まとめ

 

モニターで飛行機のフライト情報が確認できます。

国際線のチェックインは出発時刻50分前までに済ませましょう。

自動チェックイン機でQRコードを読み込めば、余計な入力など不要で一瞬でボーディングチケットが出てきます。

機内持ち込み手荷物の重さ制限は7キロまで。
重量を測ってみるとまさかの0.5kgの重量オーバーでした。
荷物確認したりモタモタしていたらおまけしてくれました。

 

ピーチ国際線のチェックイン

  1. チェックインは出発時刻の50分前までに済ませる
  2. 機内持ち込み手荷物の重さ制限は7キロまで(少しぐらいはおまけしてくれますが基本は制限内)

保安検査、出国手続き、出国審査がはじめての人は次の記事を参考にしてください。

 

関空第2ターミナル国際線 外貨両替

関空第2ターミナル国際線の開花両替は自動両替機が設置されています。

出発前にウォンに両替しておきました。

日本円の元金を入れてウォンを選んで両替。
その日のレートが出てきます。(この日は1ウォン=0.1019円)

この日は3万円分ウォンに両替しました。
韓国はカード支払いが基本の社会なので実は現金はそんなに必要ありませんでした。
でも現金が必要なところもあるのでいくらかは両替しておいた方が良いでしょう。
現金の両替は1万円とかでもいいかもしれません。

 

関空第2ターミナル国際線 搭乗ゲート

搭乗時間まで時間があるのでトイレに行ったり売店を回ったりしました。

お店はそんなに多くありません。

フードコート

待合スペース

青柳美扇先生が書いた文字もありました。
どんどんご活躍されていて本当にすごいです。
日常で青柳美扇先生の字を見つけると本当に嬉しくなります。

【移転】書道家・青柳美扇先生の字を見にバンコクのプラカノンにある尾道ラーメンへ

 

2時間ぐらいで仁川空港に到着しました。

Peachピーチは航空券のセールをよくやっているので上手に利用するとお得です。

今回の旅ではセールで往復14,790円でした。

ピーチの航空券の料金

  • 運賃の他に空港使用料、座席指定料金が必要
  • 荷物を預ける場合 受託手荷物料金

 

Peachピーチ機内 ソウルへの移動手段など

ピーチ機内はLCC特有の狭さがありますが、座ってゆっくり2時間というのは実は本当にあっという間です。

入国の際に必要な書類を書いておきましょう。
CAさんが配ってくれます。

書き方は裏に日本語で書いてあります。

 

Peachピーチ機内「吸ったらあかん」

「吸ったらあかん」

トイレの中です。
機内は禁煙。
隠れてタバコを吸ったらダメです。
罰金は50万円です。

 

仁川空港からソウル駅への移動

仁川空港からソウル駅へは直通列車が便利です。
730円でソウル駅まで直通でいけます。
ピーチ機内で買っておきましょう。

ピーチ機内で買ったチケットは仁川空港のトラベルセンターというところで直通列車カードに交換できます。

受付で交換するときに500ウォンの現金が必要です。

500ウォンは降車後にカード返却機にカードを返却すればお金も返却されます。

仁川空港〜ソウル駅直通列車

ここだけの話、ピーチの座席よりも快適でした(笑)

この記事を書いていたらまたソウルに行きたくなってきました。

次は仁川空港について書きたいと思います。

 

//アドセンスの遅延読み込み