タイの現地SIMを日本であらかじめ購入して使う方法 AIS SIM

タイの現地SIMを日本であらかじめ購入して使う方法 AIS SIM

タイでもプリペイドのSIMカードを買うことができますが、日本でもあらかじめ購入しておくことも可能です。日本で買っておく方が安いので、自分でSIMの設定ができる人にはオススメです。

1バーツ =3.34円 2018年7月現在

 

AmazonでSIMカードを購入

前にタイに行った時にAISのSIMを使って何も問題がなかったので、今回もAISのSIMにしました。Amazonで注文するとSIMカードと日本語で書かれたSIMカードの設定の説明書が入っていました。

  • カバーエリアが広い!繋がりやすい!タイの地方に行く人にもオススメ!
  • タイにて7日間4Gまたは3Gデータ通信が速度低下なく使い放題で利用できる。追加料金なし!
  • 利用出来るのはSIM Freeスマートフォン・タブレット・Wi-Fiルーター
  • データ通信専用 ※通話利用は出来ない
  • SIMサイズ:通常、micro、nanoサイズ対応 
  • 周波数帯域:900Mhz、2,100MHz
  • 日本語マニュアル付き ※商品のパッケージなし マニュアルとSIMカードのみを発送
  • ※SIMの有効期間は2019年2月末迄

[st-mybutton class=”” url=”https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0116EDXCK/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0116EDXCK&linkCode=as2&tag=yoake03-22&linkId=edb404da4eb98171f68c609fdbadcd17″ title=”Amazonで購入” rel=”” fontawesome=”” target=”” color=”#FFB74D” bgcolor=”” bgcolor_top=”” bordercolor=”#FFB74D” borderwidth=”5″ borderradius=”30″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-chevron-right” shadow=”” ref=”” beacon=””]

 

 

SIMカードをスマホにセットする

SIMカードはあらかじめ切り取りの型が付いているので、自分が持っているスマホのSIMカードのサイズに簡単に切ることができます。

 

私が使っているのはSIMスロットがデュアルタイプなので、日本のSIMと海外のSIMを両方入れることができて便利です。

 

[st-mybutton class=”” url=”https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07R8GC16F/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B07R8GC16F&linkCode=as2&tag=yoake03-22&linkId=2663e887b5897c3fbd1697a155f7e369″ title=”Amazonで購入” rel=”” fontawesome=”” target=”” color=”#FFB74D” bgcolor=”” bgcolor_top=”” bordercolor=”#FFB74D” borderwidth=”5″ borderradius=”30″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-chevron-right” shadow=”” ref=”” beacon=””]

 

マニュアル通りに設定すればネットに繋がります!
出国審査の列に並んでいる間の時間で設定できました。超簡単です!

SIMフリーのスマホを持っていて、タイですぐに現地でネットを使いたい人におすすめです。
SIMカードも現地で買うよりも安いくらいです。

 

海外旅行でレンタルwifiルーターをレンタルすると損!解決方法はプリペイドSIMカード
//アドセンスの遅延読み込み