ブログ

Yoake Web / ふなさんプロフィール「会社に雇われずにネットで稼いで生活する方法」

2020年1月27日

会社に雇われずにネットで稼いで生活する方法

ふなさんという名前で活動しています。
私は今、100%ネットビジネスで生計を立てている。

ネットビジネスといっても稼ぐ方法はたくさんある。
今までネットで稼いできた方法は数知れず。
詳しくはこちらの記事に書いておいた。

》副業おすすめ【2020年】収入ゼロのリスクなしで安全・失敗しない方法とは?

 

ニックネーム:ふなさん(よあけ)

大阪在住

YOAKEなど、複数のメディア運営

個人事業様向けのインターネット活用のサポート、コンサルタント、デザインなどもたまに。

資格:ネットショップ実務士レベル1基礎心理カウンセラー

趣味:インターネット、旅行、グルメ、筋トレ、音楽

その他のスペック:発達障害アスペルガーっぽいADHD、うつ、集中しだすと止まらない


今後やりたいこと

  • インターネットでお金を稼ぐ自由人を増やす
  • 心理学・芸術・語学の勉強
  • いろんな国に行っていろんな文化と芸術と音楽を楽しむ

叶っている夢(現在進行形)

  • 2018年 メルマガ読者 900人突破
  • 2月 月商40万円突破
  • 4月から4週間のセブ島英語留学【無料】に参加
  • 2019年 月商50万円突破
  • 5月 韓国で音楽フェスのライブ鑑賞、同月 月商70万円突破
  • 7月 月商80万円突破
  • 2020年 メルマガ読者 1200人突破

1999年、パソコン1台で起業 当時26歳

WEBデザイン会社がほとんどない時代に、趣味でやっていたホームページ運営が仕事になった。

全くの素人の状態からはじめた。
別にパソコンオタクでもネットオタクでもなかったが、絵を描くためにマックを買ってみたのだが、興味本位でやってみたインターネットが意外にも面白くすぐにのめり込んだ。
雑誌に掲載されていたホームページの作り方を読んでHTML言語を学んでいった。
ページができたらすぐにサーバーにアップロードして全世界に公開した。
手軽に世界に情報を発信できることに非常にワクワクしたのを今でも覚えている。

ホームページの更新はもちろん手動だ。
メモ帳みたいなテキストを打てるソフトを使ってHTMLをポチポチと打って画像を貼り付けてデザインを整えて世界に発信。

ホームページを見た人から感想メールが届いたり、リアルタイムで更新できる掲示板を設置したらたくさんの声が集まったり、今まで体験したことのないことが起こった。

オリジナルTシャツをデザインして通販をしてみたらすぐに数枚売れた。
インターネットの可能性をすごく感じた。

でもまさか自分が雇われずに生きていくことになるとはその頃は思っていなかった。
当時はホームページを作ったり、イラストや印刷物をデザインする仕事を主にやっていた。
ホームページを1案件受ければ10〜30万円ぐらいで請負った。
生活できるレベルになるまでは1年ぐらいかかった。

だがブログが出現してSNSが発展して誰でもワンクリックで情報発信できるようになり、ホームページは入り口としてあればOKの状態になった。
当然個人でできるWEB制作の仕事は減った。

私は1年ほど若いクリエイターたちを育成する事業にたずさわった。
そこで若いクリエイターの育成をしながら、最新のWEBプログラミングを学び直し、マーケティングの講座たくさん受けて、自分自身を成長させることができた。

その後は一般の会社に入って働いた。
フリーで長年やってきたのもあり、私には合わずブラック体質な会社はすぐ辞めた。

それを繰り返しているうちに精神的にうつ状態になりかなりヤバイことになった。
これはもう誰かに雇われて働くことは無理だと悟った。

忙しすぎると体を壊してしまうと思い、働かなくても収入が発生するようなビジネスはないかと考え、似たような思考で成功をしている人をネットで検索しまくった。

そこで気がついたのがアフィリエイトという広告ビジネスだった。
アフィリエイトのことはもちろん知っていて、その当時でも月に数千円ぐらいは稼げるページを持ってはいた。

アフィリエイトで成功している個人が何人かいることに気がつき、個人でまだまだ稼げる伸び代のあるアフィリエイトに全力投球した。
昔よりもノウハウがネット上に出回っており、アフィリエイトが非常にやりやすくなっていた。

3ヶ月後には約3万円の収益を発生させることができた。
のめり込んでやっているといろんな成果を出せて認めてもらうことができた。

2017年 A8フェスティバル in 大阪  レビューコンテスト 広告主部門

2商材で優秀賞1位、2位を獲得

 

1日の報酬が3万円を超える日も出てきた

ついには月収が80万円を突破

 

メルマガでも報酬が安定的に発生

ネットを使ってビジネスすることのメリットの大きさを目の当たりにした。

 

アフィリエイト意識調査

  • アフィリエイトに取り組む2割ぐらいの人が月収50万円以上
  • 6割ぐらいの人は月収10万円以下
  • 3割以下の人が月収1万円以下

参照:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2019年(PDF)

アフィリエイトが副業として非常にやりやすくなっているということだ。

 

ブラック企業で働いて悟ったこと

社会人になってずっと飲食店で働いていたが、憧れがあったデザイン系の仕事がしたくてなんとか月給14万円の印刷会社に就職した。

入社してみると家族経営の会社で部長が社長の息子で毎日社員をいじめていた。

私もいじめられ始めたので辞めた。
突然辞めることになったので退職金も雇用保険も出ない。

労基(労働基準監督署)に行って相談し、残業代を請求した
会社から6万ぐらいもらった。

「うちは小さい会社だから、こういう(労基にチクる)ことされると困るんだよ」

社長は苦笑いをしていた。
自分の息子が社員を粘着質にいじめていることなど知らぬという顔だった。

次にパチンコ屋の専属デザイナーの職を見つけた。
入ってみるとMacを扱える人が一人もいなかった。

聞いてみると前のデザイナーは逃げたらしかった。
働いている間にも突然来なくなる社員を何人か見た。
何でこんなことになるかというと社長がめちゃくちゃ。
弱いものいじめかってぐらい社員を怒ってた。
みんなビクビクしながら仕事している感じ。
こりゃダメだと思い、タイミングを見て辞めることにした。

ある日突然、社長の怒りが私に向かってた。
仕事が遅い!!」と大怒りの電話だ。

 

「やる気があるんか!ないんか!ないんやったら辞めろ!」

時にはお昼ご飯も抜きながら仕事をして、それでも仕事はちゃんと仕上げていたのにこれだ。

「私の実力や仕事ぶりを認めてもらえないというのだったら、クビにしてもらって結構ですよ」

やっと辞めるチャンスきたか!!
そう思い心の中では嬉しかった。

仕事が遅くなるのは社長自身が社員を業務が止まる勢いで怒りまくり、みんな嫌になって逃げていくからだ。
この会社に限りらず、いわゆるワンマン社長の会社はほぼこの体質だった。

社長が怒っている間の時間は非生産的で無駄な時間なのだ。
それを毎日続けているほど営業妨害はない。
確かに社員に主な原因があるなら別だが、ほとんどの原因は社長自身が作っていた。

この怒鳴り散らしていた社長は気が弱いところがあるらしく、私には面と向かって怒らず電話越しだった。
私も当時は言いたいことは言う性分だったので、社長には合わずに電話で即解雇となった(笑)

ここで踏ん張っても辞めるチャンスを逃してしまうだけ。

「辞めるなら今しかない!!」

残ってガンバっている人にはほんとに悪いのだが、会社の奴隷になりたくないので清々した。

それから3ヶ月はネットでオリジナルグッズなどを通販しながら小遣い稼ぎをしていた。

そこへ当時はまだ小さかったサンクチュアリ出版からホームページ制作・運営の仕事をもらった。

それだけでは収入が足りないので、はじめはバイトをしながらフリーランスデザイナーをやっていた。
1年ぐらい頑張っているとなんとか自分の仕事だけで食っていけるようになった。

フリーランスで2011年までなんとかやっていくことが出来たが、WEB業界が著しく発展してしまい田舎で一人でホームページを制作・運営していくことに限界を感じはじめた。

簡単なホームページならワンクリックでWordPressでホームページが作れる時代が到来。

それに対してWEBデザインのクオリティーはもっとあげなければ差別化できない。
デザイン、コーディング、プログラミング、コンサルティングすべての役割を一人でやるのは無理なほど、高度な技術が要求されるようになってきた。

ひとりじゃもう無理(;_;

2年間で転職経験7回 履歴書ってデスノート?会社に殺されるんですか?僕は本当に社会の底辺なのだろうか?

フリーランスのデザイナーを廃業して1年は未就職者訓練事業に関わっていた。
このあたりでセミナーや人材教育のノウハウなどを学んでいった。

それが終わって入社した会社がすぐに倒産したり転職することが続きウツにもなり、私がADHD(発達障がい)であることもわかった。

ちなみに発達障がいとは、不注意・多動・衝動性のある性格のようなものだ。
病気とはまた少しニュアンスが違う。
ちょっと変わっているのでたくさんの人と仕事をしてコミュニケーションなどでうまくいかないと、とても大きなストレスを感じてしまう。
2次疾患でウツなどの気分障害も発症しやすい。

訓練事業 → 職業訓練校の講師 → ベンチャー企業のマネージャー(倒産) → リラクゼーションのスタッフ → キャラクターグッズ会社のデザイナー → (ウツ・療養) → 工場で派遣社員 → レトロカフェのマネージャー → (ウツと発達障がいで療養) → ネットで起業

見てるだけでめまぐるしい(笑)

なんでも前向きに捉え、いろんな業種にチャレンジしたが、社会に出て働いて思ったのは仕事というよりも身売り。

自分の体と時間を会社に提供して収入を得るただの労働者。
これ以外生きる道はないのか?

長年フリーランスでやってたので、一般の会社のブラックさに改めてビックリした。

会社に人間スクラップにされるのはもうこりごりだ。

仕事やお金がなくなるって何度も経験したが本当に病んでしまう。
あんな経験はもうしたくない。
社会は無情だ。

そんな時にアフィリエイトで成功している若者がいることを知った。

もっとも強烈にネットビジネスの可能性を感じたのはこの本だ。

 

自由な人生を手に入れる教科書

自由な人生を手に入れる教科書: お金・時間・場所 あらゆる束縛がなくなる

パチンコ狂いの両親を持ち、家は借金まみれで自分の皿洗いやレジ打ちなどのバイト代は全部家の借金返済に回されると言う極貧の青年が、大学に行きながらネットビジネスで1人で5年間で累計3億円を売上げる。
お金・時間・場所 あらゆる束縛がなくなった彼の思考や取り組んだビジネス、失敗したことなどを私小説を読む感じで知識として知ることができる。

この手の本は怪しさが付きまとうので念のため無料で読んでみたところ、詐欺商材を販売しているわけでもなく、無駄なものを強制的に買わされるわけでもなく、シンプルに成功するネットビジネスの失敗しない方法を知ることができる。

Amazon Kindleで購入 無料で読む

今までもインターネットビジネスの可能性は感じていたが、もう一歩踏み込んだところで活用ができていなかった。

私はこの本を読んで手に汗を握るほどビックリしていた。
そのノウハウを知った時、私のなかで世界がひっくり返った。
そして心の底から救われたと思った。

ブログアフィリエイトには弱点があった。
一般によく取り組む人が多いSEOアフィリエイトはGoogleアップデートがあれば高確率で稼げていた記事が圏外に飛ばされる。
そうなると一気に収益がゼロに近くなる。
そのリスクを避けるための方法がなければ、一時期稼げてラッキーで終わってしまう。

リスクヘッジできる方法を知ることができたのだ。
最強のネットビジネスだと確信した。

これを逃せば私には生きていくチャンスはない
俺の一番の得意分野はやっぱりインターネットの情報発信だ!

そんなことがあって私はまたこうして経済的に成功し、時間も精神的にも自由になることができた。

時間や期間を気にせずに旅行へ出発

SEOULも国内旅行の感覚で行けるようになった。

好きなアーティストのコンサートを観に何度も韓国へ。

広いホテルの部屋でゆったり時間を過ごす。

広すぎて1人では持て余してしまうことも。

街中にあるデカすぎるLEDモニターを見て驚いたり。

タイのパタヤ のリゾートホテルでゆっくり過ごしたり。

バンコクのカオサンで遊んだり。

鹿児島に住む友達に会いに行ったり。

沖縄へもっと稼いでいる人の話を聞きに行ったり。

生活は驚くほど自由になった。

フリーランスで部屋に閉じこもって仕事をしていた頃とも違う。
会社に雇われてお金をもらい、家と職場と病院を行き来する生活とも全く違う。

お金にも時間にも精神的にも自由な生活を送ることができるようになってきた。

社会に出て仕事ができないことはものすごくツライことではあったけど、今は人生の転機をチャンスに変えることができてよかっったと思っている。

時間は自由にあるのでビジネスを頑張ろうと思えばいくらでも頑張れる環境もある。
この世界、上には上がいるものだから、下を見ずに続けていこうと思う。

記事の感想コメントやSNSのシェアをいただけると嬉しいです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よあけ

ブログ年収1年目36万円▶︎ 2年目120万円▶︎ 3年目230万円▶︎ 4年目500万円 / 元WEBデザイナーがネットビジネスを始めたら4年で働かなくても月収50万円になった / 働く場所に縛られないので年中旅行 / 資格:ネットショップ実務士レベル1 / 基礎心理カウンセラー / 運営ブログ よあけの旅 / Cloud Blog

-ブログ

Copyright© Yoake Blog , 2020 All Rights Reserved.