music

ジョンヒョンの遺作となるアルバム「Poet l Artist」が発売

【早期購入特典あり】 SHINee ジョンヒョン Poet l Artist ソロアルバム ( 韓国盤 )(初回限定特典5点)(韓メディアSHOP限定)

ジョンヒョンの遺作となるアルバム「Poet l Artist」が発売

2017年までに制作を終えており、2018年発売予定だったという。

また、新作の収益全額はジョンヒョンさんのお母さんに渡され、厳しい環境に置かれた方々を助ける財団設立を予定している。

Track List
01. Shinin’
02. 幻想痛 (Only One You Need)
03. ワッフル(#Hashtag)
04. 油の垢 (Grease)
05. Take The Dive
06. 人を現物中 (Sightseeing)
07. Rewind
08. 1日だけでも (Just for a day)
09. どんな気分がするのか (I’m So Curious)
10. Sentimental
11. 僕たちは春が来る前に (Before Our Spring)

続きを読む

プリンスの未発表曲集は発売されるのか?!

Hitnrun Phase Two

プリンスの未発表曲集発売

プリンスの未発表曲集は発売されるのか?!

プリンスはツアー中も、思いたったら世界中でレコーディングする人だった。日本でのレコーディング秘話も有名ですね。どんなすばらしい楽曲が眠っているんだろうか?

プリンスを蘇らせて欲しい!

予約開始が待ち遠しいですね。

プリンスの遺産管理団体の相談役によれば、プリンスの「膨大な保管庫」に残っていた「驚きの」未発表音源が現在ミックス中で、間もなくリリースされるという。

プリンスの遺産管理団体の相談役とスポティファイのクリエイター部門のグローバル・トップを兼任するトロイ・カーターは、プリンスの新たな音源がリリースされることを改めて約束している。2016年に亡くなったプリンスは、未発表音源の大規模なアーカイヴを自宅のスタジオに残していたと見られている。

Nulbarichがビクター洋楽レーベルに移籍、3月に第1弾アルバムリリース

 

Nulbarichがビクター洋楽レーベルに移籍、3月に第1弾アルバムリリース

Nulbarichがビクター洋楽レーベルに移籍、3月7日に移籍第1弾アルバムをリリースすることがわかった。アルバムの予約受付が開始されています。

Nulbarich(ナルバリッチ)とは?|プロフィール

シンガーソングライターJQをリーダーとして結成されたバンドNulbarich(ナルバリッチ)。

メンバーを固定しないが、同じ志をもつメンバーで、時代、四季、背景など状況に応じた、ベストなサウンドを創り出す。
ファンク、アシッド・ジャズなどのブラックミュージックをベースに、ポップス、ロックなどにもインスパイアされたサウンドは、国内外のフィールドで唯一無二のグルーヴを奏でる。

 

Nulbarich(ナルバリッチ)という名前には、
Null(ゼロ、形なく限りなく無の状態)
but(しかし)
Rich(裕福、満たされている)
「何も無いけど満たされている」
形あるものが全てではなく、形の無いもの(SOUL、思いやりや優しさ含めた全ての愛、思想、行動、感情)で満たされているという意味が込められている。

(出展:Nulbarich公式サイトより)

 

ジョンヒョン(SHINee)最後のメッセージ(遺書)喪主や葬儀は?

【公式ポスター】JONGHYUN SHINee ジョンヒョン シャイニー - She Is (Vol.1) サイズ 60 x 91 cm [ポスター専用ケース] [韓国製]

ジョンヒョン(SHINee)・・・最後のメッセージ(遺書)

韓国の人気グループSHINeeのジョンヒョンが突然命を絶ってしまいました。

日本でも人気の韓国の男性アイドルグループ「SHINee(シャイニー)」のメンバー、ジョンヒョンさんが、18日夕方、ソウルのアパートで倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は自殺の可能性が高いと見て調べています。
(引用:韓国アイドル「SHINee」のジョンヒョンさん死亡 自殺か NHK NEWS

続きを読む

プリンスの素顔〜生きたプリンスの側面を知ることができて胸が熱くなる

PICTURING PRINCE プリンスの素顔

プリンスの素顔 PICTURING PRINCE

この本・写真集はプリンスの専属フォトグラファー、スティーヴ・パークによる著書です。

プリンスのことを伝説のロックスターとして綴った本はたくさんあるけれど、一緒に共に仕事をした人が書いた本を読むのは初めてで、貪るように読みました、

続きを読む