エラワン寺院 エラワンの祠に実際に行ったみた感想|バンコク観光


    エラワンの祠

    バンコク最大のパワースポット エラワンの祠

    バンコク最大のパワースポットといわれる「エラワンの祠」に参ってきましたので紹介します。

    あまり前知識無しで行ったのですが、エラワンの祠のパワーはもちろん、真剣に祈りを捧げる人々がとても真剣でものすごいパワーを感じました!なにかいる!感じ!

    さすがタイで最もご利益があると言われているだけありました。

    エラワンの祠(ターオ・マハー・プラマ)

    エラワンの祠

    タイは仏教徒が多い国ですが、このエラワンさまはヒンドゥー教の神・プラフマーが祀られています。
    1956年のホテル建設事故から縁起を担いで建設されたそうです。
    現在の像は修復されたもので、2006年に祠が破壊されるという事件が起きています。像を壊した男性はその場で見物人に殴り殺されたそうです。(参考:エラワン寺院・エクスペディア

    また、2015年8月17日にはテロ事件が起きています。(参照:【2015年】タイ・バンコク「エラワンの祠」で爆発テロ発生

    エーラーワン・ホテルのブラフマー神の祠 (ศาลท่านท้าวมหาพรหม โรงแรมเอราวัณ) あるいは単にエーラーワン(エラワン)の祠と呼ばれる祠は、バンコクにあるブラフマー(梵天)をまつるヒンドゥー教の祠である。「エーラーワン」と名前にはあるがエーラーワンの語源であるアイラーヴァタはまつられていない。中国人・華人・華僑らによって四面仏と呼ばれるが仏ではない。日本語ではエラワン・プームとも呼ばれているが、翻訳すると「土地のアイラーヴァタ」という意味不明な単語であり、またタイ語でもこのように呼ばれない。

     

    エラワンの祠の由来・歴史
    1956年、エーラーワン・ホテル(現在のグランド・ハイアット・エラワン・バンコク)の工事中に事故が多発し、作業員が「悪霊がいる」として建設作業を拒否した。このため、ホテルの経営側は占星術師として知られるルワン・スウィチャーンペート海軍少将を招いて吉祥時を選びヒンドゥーの神ブラフマーを祭るエーラーワンの祠とを設置した。この後、工事が順調にはかどったといわれている。ただし実際は、エーラーワンの祠が建立された時にはすでに、ほとんどの建設が終わっており、建立の理由もすでに設置された礎石が占星学的によくなかったためといわれている。
    エーラーワンの祠 – Wikipedia

     

    日本がお寺と神社が共存しているように、タイではヒンズー教と仏教が共存しています。もともとヒンズー教も仏教もバラモン教から派生したものです。

    エラワンの祠 お祈りの仕方

    線香・ロウソク・花の3点セット

    エラワンに入って突き当たりに売り場があります。そこで線香・ロウソク・花の3点セットを買います。

    いくつか種類がありますが、私はミディアムを買いました。花と線香のいい香りがします。

    エラワンの祠

    ロウソクに火をつけて、正面から左回りに順番にお祈りします。

    胴体が正面を向いている方が正面で、顔は4つあります。

    それぞれ線香とお花を捧げていきます。

    エラワンの祠

    お祈りの内容は具体的な方が良いらしいです。

    エラワンの祠

    願いが叶った人はタイ伝統舞踊を踊ってもらいお礼参りをします。
    私が行った日もたくさんの人がタイ舞踊をしてもらうために並んでいました。

    エラワンの祠に行った感想

    バンコク観光で一番パワーを感じましたし、心がスッキリしました。
    再訪する際には必ず行きたい場所です!

    エラワンの祠への行き方

    BTS(スカイトレイン)でチットロム駅(Chit Lom)駅、6番出口から徒歩約2分

    電車移動はプリペイド式の「ラブットカード(Rabbit Card)」を購入しました。カードの発行手数料が100バーツ+運賃100バーツを窓口で購入。料金が不足すればまた窓口でチャージします。

    「100 Baht charge, please.」とかで十分通じました。

    タイ ラビットカード


    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。