ファランポーン駅 バンコクでカオマンガイ&カオマンガイトーを!バンコク旅行


ファランポーン駅へ バンコク旅行

タイ旅行3日目。アユタヤ観光を終えて列車でバンコクにやって来た。

アユタヤからファランポーン駅までは列車1本、15バーツ(約50円)でいけました。驚異の安さです(笑)ちなみに行きはドンムアンからアユタヤまで20バーツでした。区間が短いのに高いという謎ルールでした。
行動が制限される車よりも列車の方が好きなので、列車で移動できるところは列車を使ってます。
この記事ではファランポーン駅について紹介します。

ファランポーン駅 バンコクでカオマンガイ&カオマンガイトーを

ファランポーン駅に降り立ちました。
田舎のアユタヤから一気に都会に来た気分です。
ここからバスでカオサンまで移動する予定でしたが、バス停を間違えてしまいカオサン行きのバスが一向に来ないのでルートを変えました。

ファランポーン駅入り口はとても多く、列車を待つ団体客が大勢いました。

正面入り口には金の仏像があります。手を合わせましょう。

ファランポーン駅のトイレは有料です。確か5バーツ。

チケットカウンター、ここで行き先を言ってチケットを購入します。外国人専用売り場もありそこは英語が通じる。

ファランポーン駅からカオサンまでバスで行く方法は53番のバスに乗ればOK

タクシーよりもトゥクトゥクの方が多く並んでいるのがバンコクの風物詩

ファランポーン駅にはいくつかのバス乗り場があります。行き先によってバス乗り場が違うので注意が必要です。

MBKなどのショッピングモールで買い物したい人は西側のバス乗り場へ

バスの中でも種類があり、エアコンのない赤バスは料金が一律6.5バーツと最安値です。

  • カオサンに行きたい人は南側のバス乗り場へ
  • カオサンに行く場合は53番の赤バスに乗りましょう
  • 料金は6.5バーツ

目的地へ行くバスが来たらとりあえず乗り込みます。

お金の支払いはバスに乗り込んだら添乗員が集金に来ます。

お金を払ったら添乗員さんがこんなスタンプ(印紙)をくれます。

私はこの日はMBKに行ってマンゴーを食べて買い物をすることにしました。

  • 赤バスは一律6.5バーツ
  • 料金はバスに乗り込んだ後添乗員さんに手渡す
  • バス利用に限らず、バッbコクで移動する時は20バーツ、10バーツなど小銭を用意しておきましょう
  • バスの路線や時間などはGoogleマップで調べることができる

ファランポーン駅のフードコートでカオマンガイ&カオマンガイトーを食べた

バスを利用する前にファランポオーン駅のフードコートでご飯を食べることにしました。フードコートにはいろんなタイ料理屋さんがあります。

カオマンガイ屋さんを見つけました!

揚げ鷄が好きなのでカオマンガイトーを注文しました。

目の前に陳列されている鶏肉を選んでザクザク切ってご飯の上に乗せてくれます。添え野菜のキューリも目の前で可憐にカットしてくれました。

料金はあらかじめフードコートにある食券売り場で食券を購入して、売店で食券を渡します。

食券 40バーツ(約136円)

私ははじめこのシステムを知らなくて、直接売店にお金を払おうとしていました。
そしたら他の店員さんがそれに気がついて、タイ語で「はじめに食券を買うのよ、大丈夫よ」おそらくこんなことを言って食券を買って来てくれました!!やさしい(涙)

無事にカオマンガイトーにありつくことができました!!

スープがめちゃうまです。やはりタイのスープは大好きです。

カオマンガイトー自体はどうでしょうか?

いただきまーす!

特別においしいって感じではなかったけど、値段相応かな。

ファランポーン駅 まとめ

  • ファランポー駅からタイの地方都市に格安でいける
  • ファランポーン駅で格安で料理が食べられる
  • バンコクのバスは格安
  • バスの路線や時間などはGoogleマップで調べることができる

 

航空券・ホテルの予約は・・・
 

SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。