関空第2ターミナル出国ゲートと仁川空港で食べた デジタル決済の差にびっくり

関空第2ターミナル出国ゲートと仁川空港で食べたもの

空港のレストランやフードコートで何か食べるのも旅行の楽しみのひとつです。
搭乗時間ギリギリに行くことが多かったり予定があるので、実際はなかなか食べておりませんが。

関空第2ターミナルのフードコート「大阪ゴチ食堂」でカードの支払いが遅すぎた件

搭乗時間30分前を過ぎると食べ物の注文は出来ないようです。

関空第2ターミナルの出国ゲート横のフードコートでサンドイッチとドリンクのセットを買いました。
カードで支払いました。

  • dポイントカードでポイント追加
  • デビットカードで支払い

これだけのことに中年の店員さんは数分かかっていました。
何度かカード決済の入力をやり直していたのでこちらは不安になりました。
時間が勝負の空港でこれはダメなのではないかと思いました。

  • アイスティーとローストチキンのサラダサンド 574円

食べ終わったらちょうど搭乗が開始しました。

仁川空港のフードコートの韓国料理店 가업식당 でスンドゥブチゲを食べた!

가업식당(ga-eobsigdang) は日本語で「韓国の家庭料理」の意味のようです。
以前に仁川空港に来たときもこのお店が気になりましたので、今回は迷わず食べてみました。

場所は仁川空港地下1階の地下鉄へ行く大きい通路の手前にある韓国料理店です。

テーブルにはタブレットがあり、自分で探して注文します。
日本では回転寿司屋に似たような仕組みがありますね。

注文し終わったら料理やドリンクが来るのを待ちます。
数分で料理が到着!

ありがたいお一人様サイズのセットで食べることができます。

豆腐の辛旨いチゲ、おいしかったです!

お会計はテーブルに置かれた会計書を持ってレジでカードで支払います。
もちろん一瞬で会計が終わります。

  • スンドゥブチゲ 10,000ウォン
  • ビール 6,000ウォン

1600円ぐらいですね。満足です!

日本と韓国の電子決算の習慣の違い、キャッシュレス化の違い痛感しました。
関空第2ターミナル出国ゲートと仁川空港で食べたデジタル決済の差にびっくりしました。

日本と韓国の電子決済の違い

よあけ
カードで支払うとき、何回もやり直されるとこちらは不安になりますねー、、
 
でも代わりにやれと言われたら、私は余裕で覚えることが出来ない自信があります。
数字も桁を間違えて入力とかするやろなー
なので私は働き、、いや、働けません!
 
韓国のタブレットで注文する仕組みは、マンパワーに頼らない仕組み化が完成しています。
お客がタブレットで注文、そこで注文シートが出てくる。
それをレジに持って行って店員さんがレシートを「ピッ」てやってカードを「ピッ」てやって清算終了。
ミスが起こらないシステムです。
IT化、デジタル化ってこういうことですよね。
人的ミスはないわけです。
よあけ
韓国に行ったことのある人は「日本はもっとキャッシュレス化すればいいのに」なんと思っている人も多いかもですね。

リンク先から「ホテル名」で検索

【Booking.com】世界のホテル割引予約
世界中のホテル・航空券・LCCを予約!楽天トラベル
航空券・ホテルの予約は・・・
 

ABOUTこの記事をかいた人

よあけ

ネットだけで生計をたたています。食べることや旅が好きです。インドア活動も好きです。なによりインターネットが好きです。
デザイナーを辞めて自分でメディア運営を始めて数年で自由な生活が手に入りました。
WEBメディア運営 / クリエイター(音楽・イラスト・書) 資格:ネットショップ実務士レベル1・基礎心理カウンセラー
人生が楽になるネットの使い方
>> 詳しいプロフィール