ニューライト アメ村洋食店の安くてうまい「セイロンライス」


    ニューライト アメ村洋食屋の老舗、B級グルメ「セイロンライス」

    アメリカ村洋食店の老舗「ニューライト」

    この店の口コミを知らなければ、ぶらっと通りすがりではまず入らないだろう、入れないだろう!というものすごい外観(音楽系アーティストのポスターがびっしり貼ってあり店内が全く見えない!)の洋食屋、それが「ニューライト」だ。カレーが好きなら勇気を出してその扉を開けてみてほしい。そこはカレー洋食店のパラダイスだ。大阪のおっちゃんとおばちゃんの店員さんが温かく迎えてくれる。

    私がこのお店に初めてきたのはもう30年以上前(現在2018年)だろうか。先輩のDJバーテンダーに連れられて、この店の味を知った。

    名物は「セイロンライス」というカレーだった。カレーだけど、カレーの概念を超えている。スープカレーという洒落た名前のものが流行る前から、ドボドボのカレーを出していたのだ。

    アメリカ村の端にある、JRなんばや近鉄難波駅からが近い。

    ニューライト名物「セイロンライス」500円

    セイロンといえばインド洋に浮かぶセイロン島からとったネーミングなのだろうか。
    他にも「スパニッシュライス」という名物があるからおそらく地名だろう。
    真相は、マスターとは話したことがないのでわからないが。

    ニューライト アメ村洋食屋の老舗、B級グルメ「セイロンライス」

    ニューライト アメ村洋食屋の老舗、B級グルメ「セイロンライス」

    壁には芸能人のサインがびっしりと飾られている。

    主にレゲエ・ヒップホップ系のアーティストが多く(アメ村にはそういうクラブがいくつかある)、卍LINEこと窪塚洋介さんのサインもある。彼もニューライトのファンだそうだ。

     

    さぁ、これがセイロンライスだ。

    ニューライト セイロンライス

    カレーの海の中央に黄金の黄身が浮かんでいる。

    ニューライト セイロンライス

    君のあそこをトロトロに崩しながら、、、いや、黄身をトロトロに崩しながら、セイロンライスを混ぜながら口に運ぶと、脳が溶けるかと思うほどの美味が味わえる!

    とは言い過ぎかもしれないが、それぐらいうまい!

    どうやら隠し味がデミグラソースのようなんですが、辛さの中にコクがあり、なんとも言えない多幸感が味わえる、まじでヤバい逸品なのだ。

    ニューライトの「スパニッシュライス」500円

    そして、これがスパニッシュライスだ。

    ニューライト スパニッシュライス

    写真ではセイロンライスと同じに見えるだろう。

    しかし実際は香りも味も全く違う。

    カレーとハヤシライスのように違う!

    スパニッシュライスはハヤシライスに近い味なのだ!

    ジューシーな野菜の味がする。もちろんピリ辛である。

    セイロンライスと甲乙つけがたいウマさだ!

    辛いのが苦手な人は、スパニッシュライスをオススメします。

    ニューライト スパニッシュライス

    ごちそうさまでした!!

    ニューライトの「カツカレー」600円

    ニューライト カツカレー

    普通のカレーもある。これもうまい!

    薄めのカツだけど食べ応えがあり、おいしい!

    他にも超シンプルなラーメンなどがおすすめ!

    また食べたら追加でレポートします。

    ニューライト(大阪・アメリカ村)

    営業時間

    11:00~21:00(ラスト20:30)

    11:00~20:00(祝日)

    日曜営業

    定休日 不定休(日曜休業がよくある)

    大阪府大阪市中央区西心斎橋2-16-13 宝泉ビル1F


    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。