鹿児島の観光スポット 仙巌園のみどころ 素晴らしい景観で心が洗われる

名勝 島津家別邸「仙巌園(せんがんえん)」みどころ アクセス

鹿児島の観光スポットを探していて仙巌園に興味を持ちました。

歴史に詳しい人ならよく知られているところかもしれませんが、全くの無知で行きました。
それでもこの素晴らしい景観はとても魅力的でした。

仙巌園は万治元年(1658)に19代島津光久によって築かれた島津家の別邸です。
その広さはなんと東京ドームよりも少し広いそうです。
錦江湾(鹿児島湾)と桜島を一望できる素晴らしい景観には心が洗われます。
島津家がどんなに財を持っていたか、また鹿児島文化に貢献したかがよくわかる史跡です。

敷地が広大なのでじっくり観光すればおこ一箇所で半日は過ごせてしまいます。

世界遺産 旧集成館反射炉跡

仙巌園内の集成館が世界遺産に登録されています。

日本近代化の拠点「集成館」

仙巌園は重要文化財で世界遺産には登録されていませんが、集成館だけ世界遺産として登録されています。
製鉄・造船・紡績に力を注ぎ、大砲製造から洋式帆船の建造、武器弾薬から食品製造、ガス灯の実験など幅広い事業を展開したことが日本の近代化につながりました。
日本初の洋式産業の拠点だったわけです。
このことから世界遺産に登録されることとなったそうです。

参照:集成館事業 – Wikipedia

島津家の家紋「まる田」島津十文字

元々はまるがなく「島津十文字」だったそうです。
それが江戸時代に紋に転化してまる十文字になったようです。
参照:島津家の家紋が語る薩摩の歴史

仙巌園の正門です。

重厚な造りが迫力がありました。

仙巌園庭園

庭園から桜島を眺めた壮大な景観
スケールの大きさがすごいです。

御殿の入り口です。
御殿の見学は別途(大人)300円必要です。
観る価値はあり!なので一度はぜひ観てみましょう!

大河ドラマ「西郷どん」でも使われた衣装。
渡辺謙さん演じる島津斉彬の衣装です。
洋柄のベストなんですよね。
当時の最先端ファッションだったわけですね。

御殿 中庭

鹿児島を代表する陶芸品「薩摩焼」

薩摩焼は16世紀末に朝鮮から渡来した陶工により始められ、鹿児島の工芸品として近代的な薩摩焼に発展していきました。

ABOUTこの記事をかいた人

よあけ

ネットだけで生計をたたています。食べることや旅が好きです。インドア活動も好きです。なによりインターネットが好きです。
デザイナーを辞めて自分でメディア運営を始めて数年で自由な生活が手に入りました。
WEBメディア運営 / クリエイター(音楽・イラスト・書) 資格:ネットショップ実務士レベル1・基礎心理カウンセラー
人生が楽になるネットの使い方
>> 詳しいプロフィール