リニューアル中につき、一部の記事で表示されない文字などありますこと、ご了承ください。

タイ旅行 バンコク旅行 商品レビュー 格安SIM 観光

タイの現地SIMを日本であらかじめ購入して使う方法 AIS SIM

2018年7月9日

ふなさん

ネットだけで生計をたたています。食べることや旅が好きです。インドア活動も好きです。なによりインターネットが好きです。 デザイナーを辞めて自分でメディア運営を始めて数年で自由な生活が手に入りました。 WEBメディア運営 / クリエイター(音楽・イラスト・書) 資格:ネットショップ実務士レベル1・基礎心理カウンセラー

タイの現地SIMを日本であらかじめ購入して使う方法 AIS SIM

タイでもプリペイドのSIMカードを買うことができますが、日本でもあらかじめ購入しておくことも可能です。日本で買っておく方が安いので、自分でSIMの設定ができる人にはオススメです。

1バーツ =3.34円 2018年7月現在

[kanren postid="14324"]

AmazonでSIMカードを購入

前にタイに行った時にAISのSIMを使って何も問題がなかったので、今回もAISのSIMにしました。Amazonで注文するとSIMカードと日本語で書かれたSIMカードの設定の説明書が入っていました。

  • カバーエリアが広い!繋がりやすい!タイの地方に行く人にもオススメ!
  • タイにて7日間4Gまたは3Gデータ通信が速度低下なく使い放題で利用できる。追加料金なし!
  • 利用出来るのはSIM Freeスマートフォン・タブレット・Wi-Fiルーター
  • データ通信専用 ※通話利用は出来ない
  • SIMサイズ:通常、micro、nanoサイズ対応 
  • 周波数帯域:900Mhz、2,100MHz
  • 日本語マニュアル付き ※商品のパッケージなし マニュアルとSIMカードのみを発送
  • ※SIMの有効期間は2019年2月末迄

SIMカードをスマホにセットする

SIMカードはあらかじめ切り取りの型が付いているので、自分が持っているスマホのSIMカードのサイズに簡単に切ることができます。

私が使っているのはSIMスロットがデュアルタイプなので、日本のSIMと海外のSIMを両方入れることができて便利です。

 

マニュアル通りに設定すればネットに繋がります!
出国審査の列に並んでいる間の時間で設定できました。超簡単です!

SIMフリーのスマホを持っていて、タイですぐに現地でネットを使いたい人におすすめです。
SIMカードも現地で買うよりも安いくらいです。

 

-タイ旅行, バンコク旅行, 商品レビュー, 格安SIM, 観光
-, , , , , ,

© 2020 よあけの旅行記