金運にいい?ワットパナチューン – Wat Phanan Choeng|自転車で行くアユタヤ観光


ワットパナチューン – Wat Phanan Choeng|自転車で行くアユタヤ観光

アユタヤ観光2日目。

金運にいいよ!って聞いてこのお寺、ワット・パナチューン(Wat Phanan Choeng)に行ってみました。

ワット・パナチューンは島の外側にあるので、今回の観光では一番遠いところにあるお寺でした。

アユタヤに着いて1日目は徒歩でワットマハタートとアユタヤ歴史公園を散策しました。

NAKARA Hostelで自転車をレンタル!24時間使えて50バーツ。

自転車の鍵がなんとドラえもん!!

レンタルする自転車を選んでロビーで一息。
コーヒーとグァバジュースで元気をチャージ。
持っていく水はホステルのウォーターサーバーから入れました。

ワット・パナチューン(Wat Phanan Choeng)の行き方

ワットパナチューンはアユタヤ市街中心部から南側に位置し、陸橋を通って川を越えます。

川を越えてまっすぐ進むと、この大きな交差点(Chedi Wat Sam Pluem)に出ます。

ここを南に進んで、ワット ヤイ・チャイ・モンコンを過ぎた曲がり角で西側に進んで、突き当たりあたりがワット・パナチューンです。

本当は日本人村にも行ってみたかったのですが、早くも力尽きてしまいワットパナチューンから巡礼スタート。

ワット・パナチューン(Wat Phanan Choeng)

ワットパナチューンの外観

ワットパナチューン正面

ここで一度線香をあげたりします。

私もやろうと蓮のつぼみと線香を買おうと思ったのですが、なんと一式400バーツ(約1360円)もしました。これはちょっと相場より高すぎるので遠慮しました。他のアユタヤの寺院では5バーツとか10バーツが相場。このお寺は入場料がないので、特に高いお金を払わなくても入ることができます。あまりに高すぎてお寺も金儲けビジネス。そんな感じがしました。

土足禁止です。
大抵の寺院で中に入るときは土足禁止です。

おおおお、人が並んでいます。
たくさんの人が写真をパシャパシャ撮っています。
何を撮っているのかというと・・・

ワットパナチューンの金の大仏 ルワンポートー(Luang Pho Tho)

ドドーーーーン!!!

大きい!!!煌びやか!!!すごいお金かかってる!!!

すごい迫力・・・

この大仏の名はルワンポートー(Luang Pho Tho)

高さは19メートルあるらしいです。

奈良の毘盧遮那仏が高さ16.2メートルといわれているので、それよりも大きですね。

(参照:ワット・パナンチューン – Wikipedia

煌びやか

圧倒されます。

装飾が美しい。

恵比寿さんがいますね!

この時にこのお寺は中国系のお寺だなと予感。

この装飾も中国っぽい。

外側は静寂が流れていました。

釣鐘

このお手は中国系だなーと思っていたら、横にがっつり中国系の小さなお寺もありました。

この周辺には昔、中国の宋朝時代より200人を超える難民集団がいたと言われているから間違い無いでしょう。

ワットパナチューンは一度訪れたら満足しました。

さて、次はワット・ヤイ・チャイモンコンへ。

航空券・ホテルの予約は・・・
 

SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。

コメント

コメントは停止中です。