涅槃像はなぜ寝ているのか? ワットポーの涅槃像に会いに二度目のバンコク旅行


ワットポーの涅槃像に会いに二度目のバンコク旅行 [Wat Pho]

二度目のバンコク旅行でまたワット・ポーに行って来ました。

ここは今後もバンコクに来たら必ず行くと思います。理由はいくつかりますが、やはり美しい巨大涅槃像を観るためです。心を洗いにいく感じです。

  • 入場料 100バーツ(約340円)2018年7月現在
  • 毎日 AM8:00〜18:00まで
  • 寝仏のお堂 AM8:30〜16:00まで

ワットポーの入場料をここで支払います。

100バーツの入場料にはミネラルウォーターが付いています。ちょっと嬉しいです。

この向こうに巨大涅槃像が納められています。

ワット・ポーの鐘楼

涅槃像が納められているお堂に入るときは土足禁止、着帽禁止・露出の高い服装禁止

それ以外は帽子をかぶっていてもOKです。

ここが涅槃像のお堂の入り口です。

涅槃像はなぜ寝てるのか? Reclining Buddha

お釈迦様が寝ているっていうのが面白いですね。

涅槃とは「一切の煩悩から解脱した状態で、あとは死ぬだけ。もしくはすでに入滅した状態のことを言う。サンスクリット語でnirvāṇa(ニルヴァーナ)という。

目を閉じている姿なら入滅後、つまり完全に仏になった状態。目が開いている状態なら入滅前と言われています。亡くなる最後の最後まで教えを説いた姿だと言われています。

涅槃像のことを英語で「Reclining Buddha」と言います。

(参照:涅槃 – Wikipedia )

何か漫画のようなお顔です(笑)ユニークですね。

涅槃像の胴体

中央付近から涅槃像の全体を観ることができます。

パノラマ写真に挑戦していました!凄いことになっています(笑)

涅槃像の真ん中に膝をついて参拝できるところがあります。じっくり参拝したい人はここで足を止めましょう。

ワット・ポーの涅槃像の大きさ
  • 長さ46m
  • 高さ15m

足の裏の扁平足にも仏教的な意味があり、超人であることを示す32の身体的特徴のひとつだそうです。

足裏の装飾もじっくり観る価値があります。多くの人が足を止めて観ています。

壁や天井にも美麗な絵が描かれています。

徳を積むコイン入れ

涅槃仏の裏側通路に108の鉢が置かれており、そこにコインを一つずつ入れていきます。
コインをもらうのに20バーツ必要です。
ひとつづつ数えていくと、煩悩の数と同じ108ありました。無心でコインを入れていくと、なぜか気持ちがスッキリしました。

涅槃像の枕

涅槃像の枕もみどころです。

涅槃仏の頭をよく観ると頭の髪の毛のひとつひとつが仏塔の形のようになっています。黄金のアレ・・・別のものにも見えなくもないですが。

涅槃仏のお堂の前のギャラリーの横にも参拝できるところがあります。

仏像に金箔を貼って、線香をあげて蓮花をお供えします。

ワット・ポーのマッサージ

ワット・ポーにはマッサージサロンが併設されています。しっかりマッサージを学んでいる人が施術をしてくれるので安心です。

  • マッサージ30分 280バーツ(約950円)
  • マッサージ60分 420バーツ(約1,430円) 2018年7月現在

施術については前回のレポートをご覧ください。

 

航空券・ホテルの予約は・・・
 

SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。

コメント

コメントは停止中です。