AKIRA

AKIRA 映画のあらすじ|最後のシーンの謎と隠されたメッセージ【アキラの正体】

AKIRAの最後のシーンって本当はいったいどうなったんだろう?

そう思い原作を読み返し、そしてネットでも検索してみたけど納得いく説明がひとつもなかった。
しかしヒントをひとつ見つけた。

大友克洋がAKIRAに込めた本当の意味。
本当のラストシーンに迫ることができた!


》渋谷でAKIRAのアートウォールを観てきた!
 

AKIRAのラストシーンに込められた本当の意味【あらすじ・考察・解説】

東京オリンピック、大地震、テロ、天災、人災、安保法案可決、
そんな今だからこそ再度、AKIRAに込められたメッセージを確認してみたくなった。
 

 

AKIRAについて

1982年に連載開始。
1990年6月に完結。
1988年には映画化され社会現象にもなった。
完結から25年経った今でも風化しない内容です。
物語の中心となるのは2019年のネオ東京。
1982年、新型爆弾が使用され3度目の世界大戦勃発、それから38年後が舞台だ。
 

AKIRA アニメ映画版と原作漫画の違い

登場人物などはほぼ一緒だが、人間関係や設定、ストーリーなどが違う。
キャラクターによっては全く違う。ラストシーンの描き方も違う。
アニメの限界を超えたアニメ
 

AKIRA 原作コミック版ラストシーンを分析


完全ネタバレありなので、原作を読んでからラストの意味を知りたい人は読まないでください。
ネットで検索すると
「ラストシーンはいったい何が起こったのか?」
「どういうことなのか?」
という質問が多かった。
一言で言うと1-1=0
プラスの力とマイナスの力が合わさることにより、ひとつになり、無、ゼロになります。
ミヤコ教教祖ミヤコ、そして超能力者マサル・キヨコたちは、AKIRAと鉄雄の力を封じるために鉄雄の成熟を待ち、
AKIRAと鉄雄の力をぶつけようと計画していた。
大きな力を持ちすぎて制御不能になった鉄雄の肉体はさらに大きな力を求めて暴走する。
そして宇宙衛星SOLから落とされたビーム砲を吸収し覚醒しビッグバンを起こす。
ついに意識を取り戻したAKIRAはマサル・キヨコと共に鉄雄を吸収するビッグバンを起こす。
そして遂には鉄雄を消滅させることに成功する。
自ら無になることを選択して。
再び廃墟となったネオ東京に金田やケイたちが現れ、
独立国『大東京帝国AKIRA』を宣言する。
そして衝撃のラスト8ページへ!!

AKIRA そして衝撃のラスト8ページ

金田とケイが、山形と鉄雄の幻影と共に廃墟の中をバイクで走り去る。 
 
おしまい。
 
何も考えずに読めばそれで終わってしまう。
読んだ当時は高校生ぐらいだったので、ほんとにそんな印象で終わっていた。
しかし読後25年ほど経った今、改めて本当の意味を考えながら読んでみるとひとつの大事なことに気づいた。
ラスト8ページ目 金田たちがバイクで走りだす。
ラスト7ページ目 今にも倒れそうなビルの群れが痛々しい
ラスト6ページ目 山形の幻影が現れる
ラスト5ページ目 鉄雄の幻影が現れる
ラスト4ページ目 今にも崩壊しそうだったビルが

・・・ん??



いよいよラスト2〜3ページ目見開き

崩壊していたビルがページをめくる度に、まるで時間を逆戻ししているかのように上から

ビルが元に戻っている!?!?

ネットを検索すると『これはこれからビルが倒れるんだ。みんな死ぬんだ』というような意見も書かれていました。しかしこれは、これから金田たちが急速に街を復興していくことを想像させるラストシーンなんだと私は感じました。
これにはしっかりと伏線があります。 原作5巻400ページ目



おばさんがケイに言います。

死ぬんじゃないよ・・・・


これからはお前たちの時代だ
生きのびて子供をつくるんだよ いいね!
 
このメッセージの深さに私は再び泣きました。
 

アキラの正体 AKIRAのラストシーンに込められた本当の意味 新しい世代が新しい時代を作る

新しい街を自分たちで作り、自分たちのことは自分たちで守る、戦う。
そういう未来を選択することもできるし、もう始まっている。
AKIRAから改めて力強いメッセージを感じました。
 

AKIRAの本当の感動は原作で

\記事が役に立ったと思ったらシェアや感想をお願いします/

-AKIRA
-